top of page

一般社団法人動物愛護団体キーテイル

~夢は野良猫ゼロ すべての猫が幸せな家猫に~

​夢幸サポートプログラムは皆様からご寄付をいただき、野良猫・保護猫の不妊去勢手術費用を支援する取り組みです。

皆さまからいただいたご寄付で、協力動物病院にて野良猫・保護猫1頭当たり3,000円(ひと月1人2頭まで)を不妊去勢手術費用として支援します。

またご寄付の一部を夢幸サポートプログラムの運営費にあてさせていただきます。

​なぜ野良猫・保護猫の手術支援が必要なのか?

​猫が好きな人も野良猫に困っている人も様々な悩みがあると思いますが、TNR活動と保護活動が唯一の解決策です。

TNR活動

保護活動

​野良猫を捕獲し、不妊去勢手術を施し、元の場所に戻す活動です
野良猫の繁殖を防ぎ、喧嘩による騒音やマーキングを減らせます

野良猫などを保護し、里親を探す活動です
​幸せな家猫を増やせますが、保護できる頭数は限られます

しかしTNRや保護活動などの愛護活動には様々な悩みがあります。

愛護活動の悩みのひとつでもある費用の負担を、夢幸サポートプログラムで減らすことができれば、より多くの人が愛護活動を始め、続けることができます。

みんなで助け合い みんなで猫を救う

夢幸サポートプログラムは

みんなが主役です

夢幸サポートプログラムは

​動物病院に負担をかけない取り組みを

目指しています

利用者の手術費用を全額負担してくれる支援事業は、動物病院さんに通常の手術代の全額をお支払いしないケースが多いため、動物病院さんには負担になっていることがあります。

夢幸サポートプログラムは動物病院さんの負担と不平等を無くすため一律3,000円の支援にしました。

夢幸サポートプログラムはご支援者さん、愛護活動者さん、動物病院さん

みんなで助け合い、力を合わせて猫の命を救う取り組みにしたいです。

1人の100頭より 100人の1頭

動物愛護活動は愛護団体など一部の人が行うのでは多くの命は救えません。

多くの命を救うにはより多くの人が愛護活動を行うことが大切だと思っています。

私たちキーテイルは過酷な環境で生きる野良猫たちがゼロになり、すべての猫が幸せな家猫になる社会を最終目標に活動しております。

猫にとって外は過酷な環境です。

綺麗な水は飲めず食べるものも取れない、交通事故や縄張り争い、そして人間からの虐待...殺処分も野良猫から生まれた子猫が大半を占めます。

過酷な環境で生きる野良猫をすべて保護できるのなら、保護することが私はベストだと思いますが、現状野良猫をすべて保護することは不可能です。

テレビやYouTubeなどでは保護猫や保護活動などがよく取り上げられてますが、保護活動だけでは産まれてくる猫に保護が追いつかず、いたちごっことなり野良猫は減りません。

もちろん保護活動はとても大切ですが、保護活動だけでなく繁殖を抑える、不幸な猫を増やさないTNR活動も大切なのです。

しかし愛護団体など一部の人がTNR活動を行うのではなかなか効果は出ません。多くの方が行うことが大切だと思っています。

1人の100歩より100人の1歩


1人で100頭するのではなく、100人で1頭ずつ行う、そんな仕組みができたらと思ってこのプロジェクトを企画しました。より多くの方がTNR活動や保護活動を行えば、少しずつでも過酷な環境で暮らす野良猫が減ります。
いつかきっと野良猫がゼロとなり、すべての猫が幸せな家猫になる日が来る。

そう信じています。

​「夢幸サポートプログラム」への想い

 代表理事 丸山福太郎 

西日本シティ銀行 大名支店
店番号:019 
口座番号:普通3202673
​シヤ)ドウブツアイゴダンタイキーテイル
※夢幸サポートプログラム専用口座です

夢幸サポートプログラムへのご寄付

※外部サイト「READYFOR」へ遷移します

​毎月500円から継続してご寄付いただけます

マンスリーサポーター

​夢と幸のこと

茶トラの夢(ゆめ)、黒白の幸(さち)、二人は漁港に暮らす野良猫の親子でした。

折れた足を引きずりながら懸命歩いている夢の姿を目にしたのは、Instagramの投稿動画でした。

そして色々な方のご協力のもと無事に夢を保護した翌日、いつも夢の傍にいた幸も保護しました。

病院の診察で夢の足は骨折しておかしな方向に曲がったまま、すでに固まってしまっている状態だということがわかりました。

そしてウイルス検査の結果、2人は白血病のキャリアでした。

夢と幸がいつからその漁港にいたのかはわかりません。

でもその2人の状況から想像を絶するような過酷な環境下で生きていたとしか思えませんでした。

保護して4か月後、夢が白血病を発症し亡くなりました。

幸も現在、腎臓と心臓の状態が重篤で白血病の発症も疑わしい状態です。

夢と幸

​2人のような状況で懸命に生きている猫たちはまだまだたくさんいます。

猫たちにとって外の環境がどれだけ過酷か、あらためて痛感しました。

すべての野良猫を保護することは困難です。

最善ではありませんが、TNR活動をして不幸な命を増やさないことこそが野良猫ゼロへの一番の近道だと思っています。

そのために少しでもTNR活動の支援ができればと考え、この取り組みを始めました。

​夢と幸のような過酷な環境で生きる猫たちを増やしたくない

そんな想いから今回の取り組みの名前を「夢幸サポートプログラム」と決めました。
 

マンスリー.png

マンスリーサポーター様も募集中です!

猫問題の根本的解決を目指す活動を、月々の寄付で継続的にサポートしていただくシステムです
​月々600円からご支援いただけます!

bottom of page